本文へスキップ

新しい視点で地域活動を支援する 



        

活動報告report


NPO法人しのくぼ活動内容2017/04/02(日)了全山に桜の植樹

菜の花がちょうど見頃を迎えています。
2017/4/2(日)にNPO法人しのくぼが活動致しました。
今回は、了全山に桜の植樹です。
以前に植樹した苗木は、新芽が出るとすぐさま鹿に食べられてしまいました。

いくつかは、徐々に育成しているものもあります。
苗木には支柱を添えていますが、強風などにより壊れているものものあり、維持管理が必要です。
あらためて、竹藪から支柱に使用する竹を切り出し、加工して杭を打ち直しています。

ネットも大きく巡らしていますが、獣がくぐり抜けたり、破けたりしているので補修作業です。
大きくなるまでにはまだ年数を要します。

これからも下草刈りの合間に、少しずつ成長していく様子を見守っていきたいと思います。
そして、いつの日か花見をしたいと考えています。

↑新たにシカよけネット用のくい打ち

↑さらにその周りを2重にネットで囲っています。



↑見晴し台の横はNPO法人しのくぼが植えた菜の花が見ごろを迎えています。

NPO法人しのくぼ活動内容  2017/03/06(日)菜の花畑の手入れ

見晴らし休憩所横の菜の花畑の作業です。

3月最初の作業は、先月の春一番で倒れてしまった看板の修理です。
丸太をちょうど良い長さに揃え、掛け矢を使って杭を打ちます。

杭打ちは意外と重労働で1本打っただけでも体が温まります。
というか暑くなり、肌寒い朝にはちょうど良いウォームアップです。
番線で根元を括りとりあえず復旧完了です。
表示内容も若干修正が必要なので、時間を見て直す予定です。
クリックしてね


NPO法人しのくぼ活動内容  2016/12/18(日)


12月というのに比較的暖かい日でした。

本日は斜面部の除草作業を行いました。
昔は畑地であったのですが、かなり長い間使われていないとのことです。

終了後、現状で抱えるNPOしのくぼの課題について、ミーティングを行いました。会員の栽培するタケノコイモ(京芋)が豊作だったようで、お裾分けがありました。
実際に見るのははじめてでしたが、やはり見た目はタケノコに似ています。

【作業風景】


人の背丈を越すくらいの雑草です


真ん中で作業している人が見えないくらいの雑草です


【見晴し休憩所で打ち合わせ会議風景】

見晴し休憩所で富士山をバックに現状で抱えるNPOしのくぼの課題について、ミーティングを行いました

タケノコイモ(京芋)の差し入れ

会員の栽培するタケノコイモ(京芋)が豊作だったようで、お裾分けがありました。
実際に見るのははじめてでしたが、やはり見た目はタケノコに似ています。
・・・篠窪/大井町には見た事が無い野菜がありますが、小さい里芋しか知らない
   私たち一般人にとって料理の方法が全く判りません。
   食べると腰を抜かすほど本当に美味しくてビックリします。
   いろんな祭りなどで料理を紹介して食べてもらう事も今後は必要かもね。
  【参考】なぜタケノコイモを(京芋)と呼ぶのか?
   旬の章句剤百科・・・ここをクリックしてみてね
   http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/takenokoimo.htm


NPO法人しのくぼ活動内容  2016/11/6(日)

116日のコアタイムは、いつものとおり富士見塚駐車場でのブリーフィングではじまります。
了全山と呼ばれる山林の除草作業です。
了全山には伝二階堂政貞氏墓所があります。

以前桜の苗木を植林しました。鹿にかなり食べられてしましましたが、ネットで保護した場所では順調に育成している様子です。

【作業風景】


ブリーフィング風景




 除草作業風景


以前桜の苗木を植林しました。鹿にかなり食べられてしましましたが、
ネットで保護した場所では順調に育成している様子です。


ひと仕事終えてホット一息

NPO法人しのくぼ活動内容  2016/10/16(日)

今回は「見晴らし台近くの畑」を除草して耕したので、「菜の花の種」をまきました。 
一定の間隔で種をまき、追肥しています。

これまで連作障害や天候により出来映えが大きく左右されてしまうことも多く、ノウハウを蓄積していく必要があります。
毎年毎年が楽しみで有り、不安でもあります。
人間はやはり自然には勝てないと感じます。
【作業風景】

10/16 人手による作業ですので根気がいります。
    来年の春を楽しみに「菜の花の種」を捲きます


10/16


10/16


10/16

【春はこんなイメージかな】

(参考)03/21 右奥の赤で囲った部分の作業です。
 

(参考)03/23 篠窪全体が協力してステキな景観を作り出しています。


(参考)04/07 この手前側の菜の花畑が今回の作業した所です。

NPO法人しのくぼ活動内容  2016/10/02(日)


今回は、了全山とよばれる伝二階堂出羽守政貞墓所周辺の除草です。
夏の除草をしなかったので、ものすごいことになっていました。



二階堂出羽守政貞墓所周辺の作業です


普段はこんなにきれいに管理されています。


篠窪の人にとっては大事な自慢の山です。了全山をバックに記念写真を撮りました。

【草刈り作業】

草刈りが遅れたのでものすごい事になってしまいました。


了全山のお墓の左横に「了全地蔵」が祭ってありました。


こんなに綺麗になりました。

【ネットで動物の被害を防止】

背丈ほどの雑草に埋もれながら、皆さん一所懸命やってます。
以前植えた桜の木は、鹿に食べられないようネットで保護しているので、
まだ大丈夫なようです。





植林した木の周りもシカに食べられないようにネットで保護しています。

【見晴し休憩所で昼食しながらの下期の打ち合わせ会議】
作業は早めに切り上げるつもりだったのですが、手強い雑草に熱中してしまい、
いつも通りの時間で作業終了です。
今回から年間計画の下半期作業となりますので、おにぎりを食べながらの打合せ
を行いました。
過疎化が進む集落、耕作放棄地の拡大、景観作物栽培のノウハウ、活動の将来
展望など、議題はつきません。
NPO活動の基本は、自分たちも楽しみながら、やらなくてはなりません。
たまにはバーベキューでもやりながらいろいろ談義してみようかって
シューちゃんが言ってたので、期待しています。
近所のおばちゃんからは大根葉の差し入れがありました。

景色が良い屋外での会議は話しも弾みますね。


近所のおばちゃんから大根葉の差し入れです。

   

NPO法人しのくぼ活動内容  2016/09/04(日)

集合時間の8:00にちょうど雨が降って来てしまいました。
しばらく様子をみて、雨がやみましたので、見晴展望台周辺の除草作業を行いました。


いつも見慣れた見晴展望台周辺の除草作業を実施 
作業場所は道路を挟んで反対側です


奥が見晴らし展望台 夏に草ボウボウは当然ですが、肥沃な良い土なんですね。




遠くに高田堂(タカンド)が見える見なれた風景ですね。



刈り取った草の量もすごいですね。 

草刈り後はこんなに綺麗になりました。

NPO法人しのくぼ活動内容  2016年8月28日
県民フォーラム「おしえて・話して!かながわの森と水 in 相模大野」に出展しました。


パネルディスカッション風景
場所  小田急ホテルセンチュリー相模大野
内容  NPO法人しのくぼが取り組んできた「水源環境保全に対する取り組み」
    をテーマにパネルディスカッションを行ないました。







   

NPO法人しのくぼ活動内容  2016/07/20〜08/31
篠窪のNPO協力者 稲葉一郎様が道案内用の石碑を設置しました。
・・・新見所だね。


2016/7/20 石碑を作成中


篠窪のNPO協力者 稲葉一郎様が道案内用の標識の石碑を作成中
矢倉沢、富士山、大山が彫ってあり、道案内
を兼ねています。
左は構想、作成中の写真です
富士見塚付近に設置予定。楽しみにしていてね。


2016/8/28 石碑を設置中



篠窪の塞ノ神(さいのかみ)の横に仮設置しました。300KG程もあるため、クレーンで仮設置しました。
これから、仕上げに入るとの事でした。
一足先に御報告です。
楽しみにしていてね。


方向はこれで良いかな。

300KGもあると一寸やそっとでは
動きません。ジャッキがないとビクトモしません。



完成はこんなイメージかな。

【8/31 完成し本設置しました】

今回、新たに設置した案内の石碑








塞の神 (道祖神)も素晴らしいですね。


もう一カ所、富士見塚にも石碑が立ったよ。


倒れないように土台と接着して完成しました。


    

NPO法人しのくぼ活動内容  2016/08/07(日)





夏は草ボウボウ。しかし、こんなに栄養がある肥沃(ひよく)な土地の証でもあります。


草刈りの前に側溝にたまった土ぼこりを整備しています。

 
地域清掃活動です。
さすがに夏は背丈ほどの草が被いつくしています。
草刈り機が無いと手に負えません。
この活動のおかげで篠窪の素晴らしい景色も守られています。
途中、近くの小島ヒサ江おばあちゃんからスイカとジャガイモのてんぷら差し入れを
頂きました。 たいへんい美味しく、生きかえりました。御馳走様でした。

NPO法人しのくぼ記念写真撮影 2016/08/07(日)


記念写真撮りましたが全てがボケた感じですね。
これは、篠窪地区は、地面からの水蒸気がこんなにあると言う証です。
篠窪にくると、滝壺の傍にいるようなすがすがしさはこのおかげと実感です。



先ほど失敗しましたが、同じカメラで記念写真を撮り直しました。
篠窪地区の空気の良さが分かりますね。
・・・すみません今回は松山さん,瀬戸さんは不在でした。


NPO法人しのくぼ活動内容 2015/03/28(土)
講演会と散策の様子

08:30~早朝におもてなしの打ち合わせ


NPO法人しのくぼ活動内容 講演の様子

活動報告写真

篠窪地域の歴史と文化講演会と地域内の散策事業
9時~16時
一般参加者60名
地域の歴史や文化を学び郷土を愛し里山を守る心を養うための事業を実施しました


NPO法人しのくぼによる説明


篠窪の歴史について講演この地域を広く治めた
二階堂政貞公と地福寺についてあつく語って頂きました。

NPO法人しのくぼ活動内容 三嶋神社付近の散策風景

活動報告写真

三嶋社の境内を散策する。
立派な神楽殿(左側)があるのに驚かされます。すごく広いです。
源頼朝が能を楽しんだのかも?と想像がたえません。

野村萬斎に来て、能を舞って貰いたいですね。


富士見塚彫刻前で記念写真


NPO法人しのくぼ活動内容 名主小島家の散策後記念写真

活動報告写真

名主小島家の文化財を見る
玄関が家主用とお殿さま用にそれぞれあり、びっくり。
古い立派な土壁の蔵もありました。

皆で記念写真を撮りました。


NPO法人しのくぼ活動内容 屋外での地元名産販売と芋煮などを楽しむ


外では地元のお母様方が篠窪(しのくぼ)採れたてのお野菜を販売


散策のあとはおいしい芋煮などを頂きました。  篠窪自治会館にて

NPO法人しのくぼ活動内容 2014/03/22(土)
散策の様子


名主小島家の文化財を見る


名主小島家の文化財を見る


矢倉沢往還を渋沢方向へ歩く?

NPO法人しのくぼ活動内容 2013/02/27(水)

   
 大井ふる里探訪A実施 (篠窪、赤田、山田地区)
 一般参加者32名 
 大井町生涯学習課主催でNPO法人しのくぼが篠窪地区説明で参画しました。

過去のNPO法人しのくぼ活動写真 2011~2014
・・・仕事の合間の景色は御馳走ですね。
   作業場所が分かるように、ポイント写真も一緒に入れています。

↓2011/10/02

富士見塚付近


富士見塚の珠沙華(ヒガンバナ)が毎年花を咲かせるよ。



入方(いりかた)の道祖神

三嶋神社の本殿

三嶋神社の本殿横
     
↓2011/12/18











仕事の御褒美に綺麗な富士山と矢倉岳が見えるね。








↓2011/12/18 10:28 

富士見塚から見る富士山は綺麗だね。

↓2012/02/19



↓2012/03/24





↓2012/04/01 

素晴らしい景色ですね。


植林もおこなっています。




↓2012/04/15

すごく素敵な場所での仕事写真です。





↓2012/08/19











パノラマが綺麗だよ  いこいの村あたりからの展望と思います。


↓2013/02/17 

富士見塚付近




↓2013/3/3



↓2013/07/21



↓2013/10/02





↓2013/10/06





↓2013/12/01



すごいですね。 鹿の角が落ちているなんて。

皆さんの愛車

↓2013/12/15







↓2014/06/15





↓2014/12/07

後ろろに見える了全さんは篠窪の象徴です。・・二階堂政貞のお墓があります。
きれいな山ですね。

↓2015/10/18

作業前

作業中

作業後はこんなに綺麗になりました。

過去のNPO法人しのくぼ活動写真 2009/04/19
・・・再生事業を進めている旧雑木林の手入れです。
   伐採した材木が転がっているのを、斜面に対して直角に
   横倒しして重ねていくことで「土留め」にしていきます。
   過去ブログより転記


さあやるぞ!

人手で動かせないものには重機の登場です。

作業の過程で気づいたのは、「山ゆり」の復活!!
この斜面が鬱蒼とした藪だったときに、じっと我慢していたのが、
明るくなって顔を出してきたのでしょう。
やがてきれいな花を咲かせてくれるはずです。


働く写真は迫力が違いますね。感動

編集しながら、森進一のおふくろさんを思い出します。
遠くから富士山が歌っているのかもね。
・・・雨の降る日は傘になり おまえも いつかは 
   世の中の 傘になれよと教えてくれた・・・

・・・現代の言葉になおすと、社会福祉の心ですね。 
   戦国時代から篠窪を守り続けた祖先の様に
   未来の人にも「篠窪(しのくぼ)」の良さを
   残したい


NPO法人しのくぼ

〒258-0011
神奈川県足柄上郡
 大井町篠窪211

TEL 0465−82−0179

inserted by FC2 system